働きやすいと言われているデリヘル風俗の働き方について

風俗求人の中でも普通の風俗と呼ばれるヘルスと同じくらい人気があり、なおかつヘルスよりも風俗嬢に自由が利く仕事と言えばデリヘルがあります。

デリバリーヘルスの略なのですが、この風俗の業種はどんなものなのか、サービス内容は何をすればいいのかということを詳しく解説しましょう。

男性のジーパンを笑顔で脱がせようとしている女性

デリヘルの業種について

デリヘルは、無店舗型ヘルスの一つなのですがホテヘルと違って指定場所がお客さんの自宅になる事があります。

基本的に、移動はタクシーを使うことが多いのですが店舗によってはスタッフの送迎がある事もあります。

店舗での個室を使うことがないので、数に制限がなくシフトなどを組む必要がないのが特徴ですね。

デリヘルのサービス内容について

基本的に、サービス内容はヘルスとほぼ同じです。本番は無し、フェラチオや手コキ、素股や足コキなどオプションによって色んなプレイで本番以外のサービスをするものだと思っていいでしょう。

更に、デリヘルの場合はコスプレやアダルトグッズなどお客さんが用意している物を使うというオプションもありますので、そのあたりは自分でオプションのOK、NGを事前に決めておくといいでしょう。

中には撮影オプションや下着の持ち帰りオプションもありますので、そのあたりはあらかじめ店舗に面接のときに確認しておき自分でOKかNGかを決めておくと後で困らなくて済むと思います。

撮影オプションは、それ自体はOKだけど顔出しはNGということもできますので、より給料を稼ぎたいのなら一部だけでもOKにしておくといいでしょう。

デリヘルに向いている人

自宅から出勤することもできる仕事ですので、待機時間は家でゆっくりしていたい、というようなタイプの女性には向いている仕事だと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする